“他にない”暮らし心地、そして豊かな「快適空間」を彩る強化紙/オレフィンシート。

住まう人の健康に配慮し、また省エネ対策など実用性を重視した住宅内装、家具用の強化紙「ONE」。前シリーズ「ミリオンカラーZERO」から一歩進んだという意味の「ONE」と、全社員が「ひとつ」になって環境を意識した企業活動へ取り組む姿勢を表しています。

選べる2タイプ

用途・使用箇所等に応じて、2タイプからお選びいただけます。
いずれも木の風合い・質感をそのまま活かし、よりリアルで本物らしさを追求した、弊社が自信を持ってお届けする商品です。

ANシリーズ(30g強化紙)

自然の風合いをリアルに表現。表面の凸凹印刷により繊細な木肌を表現、光と影のコントラストで立体感を出しています。

AN-Eシリーズ(AN同柄オレフィンシート)

ANシリーズの共柄で環境にやさしいオレフィン仕様になっております。

ページの上へ ↑

各シリーズの特徴

ANシリーズ・AN-Eシリーズ(オレフィン)

ANシリーズは、これまでにない表面意匠性の高さに加え、耐摩耗性、隠蔽性などが特徴です。さらに同柄でオレフィンシート(AN-Eシリーズ)、木口テープなどご用意できますので使い勝手の良いシートです。(原反:500m巻 原紙:30g 原反巾:3尺 巻き取り:10m〜)

耐摩耗性
耐摩耗C試験500回クリア。
同柄で各種表面材
同柄でオレフィンシート、木口テープなどご用意できます。
高意匠
凸凹印刷により繊細な木肌を表現。
高隠蔽
高隠蔽で基材の色を選びません。

ページの上へ ↑

ONEで、CO2排出量を削減

現在、「環境」に対する消費者の意識は、日に日に深まっています。そんな中、私たち安藤産業はいち早く環境に目を向け、オリジナリティの高い環境商品を皆様にお届けしたいと考えてきました。そこで、住まう人の健康に配慮し、また省エネ対策など実用性を重視した住宅内装・家具用の強化紙の開発を積極的に推し進め、それらを併せ持つハイクオリティな強化紙「ONE」へと辿り着きました。

プラスチックの場合

原料は石油なので、元は地殻に固定化されたもの。よって、使用後もプラスチックとして再利用されるのであれば大気中への収支はゼロとなるが、焼却という選択をとっている場合が多く、その際には二酸化炭素がプラスとなってしまう。

紙の場合

紙の原料はパルプで、元は木である。木は空気中のCO2を吸収・固定化し、その固定化されたCO2の一部が紙になる。よって、焼却処分した場合は、紙 → CO2 → 木 → 紙 のリサイクルで回るだけなので大気中への収支は計算上ゼロ。

ページの上へ ↑

ANシリーズ(巾:3尺/30g強化紙)・AN-Eシリーズ(巾:3尺/オレフィン)

自然の風合いをリアルに表現。表面の凸凹印刷により繊細な木肌を表現、光と影のコントラストで立体感を出しています。 AN-Eシリーズは、ANシリーズの共柄で環境にやさしいオレフィン仕様になっております。

AN-01・AN-E01
アニグレ
AN-02・AN-E02
ヒッコリー
AN-03・AN-E03
アッシュ
AN-04・AN-E04
アッシュ
AN-05・AN-E05
オーク
AN-06・AN-E06
アニグレ
AN-07・AN-E07
パーチ
AN-08・AN-E08
チェリー
AN-09・AN-E09
チーク
AN-10・AN-E10
ウォールナット
AN-11・AN-E11
オーク
AN-12・AN-E12
アッシュ
AN-13・AN-E13
ヒッコリー
AN-14・AN-E14
マホガニー
AN-15・AN-E15
マホガニー

ページの上へ ↑

物性試験表

ANシリーズ

試験項目 試験方法 試験結果
耐セロテープ性 社内規格 セロテープ(JIS Z-1522)を試験片表面に圧着し、50℃±3℃の恒温槽中に2時間放置した後に剥離する。 変化なし
平面引張り JAS合板規格 平面引張り試験準拠。 0.4N/mm²以上
耐摩耗性 JAS合板規格 摩耗C試験準拠。摩耗輪CS-17 荷重:1000g 柄消失50%を摩耗終点とする。 500回
耐スクラッチ性
(耐擦傷性)
社内規格 鉛筆硬度試験。 荷重:1000g。 2H程度
耐溶剤性 社内規格 MEK、ラッカーシンナー、アセトン各々を脱脂綿に含ませ、荷重500gで20往復拭く。 著しい変化なし
耐汚染性 JAS合板規格 汚染A試験準拠。赤クレヨン、事務用青色インキ、黒色マジックで線を引き4時間放置後、溶剤を布に含ませ拭き取る。 軽微な着色
耐薬品性 JAS合板規格 耐薬品性試験準拠。1%炭酸ナトリウム水溶液、5%酢酸水溶液を滴下し、6時間放置後に水洗いする。 著しい変化なし
寒熱繰り返し JAS合板規格 寒熱繰り返し試験C試験準拠。60℃±3℃恒温槽中に2時間放置後、-20℃±3℃恒温槽に2時間放置を2回繰り返し、室温に達するまで放置する。 著しい変化なし
促進耐光性 社内規格 光源:キセノンアーク灯(60W/m²)1000時間 著しい変化なし

※上記結果は、弊社試験結果の代表的なものを表記しております。仕様、配色、柄、艶、テクスチャー等の違いによって、データが異なることがあります。

ページの上へ ↑

AN-Eシリーズ(オレフィン)

試験項目 試験方法 試験結果
耐摩耗性 JAS合板規格 摩耗A試験準拠。研磨紙:S-42を使用し500gの荷重をかけ、摩耗値、摩耗量を算出基準により求める。 摩耗値100以上
摩耗量0.1g以下
耐スクラッチ性
(耐擦傷性)
社内規格 鉛筆硬度JIS K-5400準拠。荷重:500g。 2B程度
エンボス堅牢度 社内規格 100℃±5℃のグリセリン中に30秒間浸漬、直後に水洗いする。 著しい絞戻りなし
耐溶剤性 社内規格 石油ベンジン/ラッカーシンナー/95%エタノール各々を脱脂綿に含ませ、荷重500gで20往復拭く。 著しい変化(艶変化)なし
耐汚染性 JAS合板規格 A試験準拠。事務用青色インキ/赤色クレヨン/黒色マジックで線を引き、4時間放置後、溶剤又は洗剤を布に含ませ拭き取る。 著しい汚染なし
耐薬品性 社内規格 2%水酸化ナトリウム水溶液/5%酢酸水溶液/石油ベンジンを滴下し、6時間放置後に水洗いする。 著しい変化(艶変化)なし
耐候性 キセノンウエザオメーターにて2000時間照射。 著しい外観変化なし
耐熱性 社内規格 60℃±5℃恒温槽中に48時間放置。 著しい変化なし
耐水性 JAS合板規格 耐水B試験準拠。60℃±3℃の温水に1時間浸漬後、60℃±3℃で2時間乾燥。2回繰り返し室温に達するまで放置する。 著しい変化なし
寒熱繰り返し JAS合板規格 寒熱繰り返し試験C試験準拠。60℃±3℃恒温槽中に2時間放置後、-20℃±3℃恒温槽に2時間放置を2回繰り返し、室温に達するまで放置する。 著しい変化なし

※上記結果は、弊社試験結果の代表的なものを表記しております。仕様、配色、柄、艶、テクスチャー等の違いによって、データが異なることがあります。

ページの上へ ↑

使用上のご注意

ANシリーズ・AN-Eシリーズ(オレフィン)は家具/住宅内装建材向けに品質設計されています。サッシ枠等の直射日光が連続照射される部位には適しておりませんのでご注意ください。
各種木質系基材(合板/MDF/パーティクルボード等)へのラミネートが可能です。加工条件の設定など、ご使用に際して不明な点はお問い合わせください。

ページの上へ ↑