試作やオンデマンドでの製作が気軽にできる!

従来の水圧転写フィルムの印刷は大量生産向けのグラビヤ印刷機を使用していました。しかし、リアルプリントシステムではインクジェットプリンターを使用することで版を作らずにフィルムを作ることができます。フィルムを小ロットで作成できることで、試作や一個作りに対応することが可能です。

リアルプリントシステム

リアルプリントシステムの特徴


従来の場合

新しいデザインの製品を試作するには版を製作しなければならず、膨大な時間と費用がデザインごとに必要でした。

リアルプリントシステムの場合

インクジェットプリンターを使用することでパソコンデータから簡単に水圧転写用のフィルムを作ることができます。
版が不要のため、試作がイメージ通りできなかった場合もパソコン上で修正するだけでデザイン変更が短時間で可能です。
また、一度システムを導入すれば、次回以降の試作は材料費のみで行うことができるため、開発費の削減にもつながります。
3Dプリンターと組み合わせることで、金型不要・版不要で成形から意匠までトータルの現物サンプル作成が可能になります。

ページの上へ ↑

リアルプリントシステムの加工工程

イラストや写真を
パソコンでデータ編集

リアルプリントシステム
での加工

塗装設備にて最終仕上げ

  1. 意匠設計
  2. フィルム印刷
    フィルム印刷
  3. フィルムへ定着剤塗布
  4. 水圧転写加工
    • フィルム印刷

      フィルムを水槽に浮かべ、活性剤を塗布

    • フィルム印刷

      製品に柄を転写

    • フィルム印刷

      加工前

    • フィルム印刷

      加工後

  5. オーバーコート

ページの上へ ↑

商品セット内容

システム導入していただいたお客様へ技術指導いたします!(初回無料・弊社工場にて)

転写用水槽 SUS製 サイズ内径500×1,000×H300 1台
スプレーガン ノズル径 1.3/1.0  各1丁
結合剤 4リットル
プリンター 500mm幅プロッタータイプ
定着剤 4リットル
水転用フィルム 500×30M
技術指導 3〜4時間
場所 弊社転写工場にて指導(大阪、名古屋)現地にて出張指導も可能(旅費・宿泊費等別途)
セット内容以外で必要になるもの

塗装設備(塗装ブース、コンプレッサー、乾燥炉)
水槽への給水、排水工事の手配 など

ページの上へ ↑

施工例

ウェルカムボード(タイル)

ウェルカムボード(タイル)

自動車内装パネル(樹脂)

自動車内装パネル(樹脂)

電気スタンド(樹脂)

電気スタンド(樹脂)

ページの上へ ↑